冬でも油断禁物!【本当にあった猫のノミの怖い話】

こんにちは 動物看護師のSHIZUKO です。

みなさんは冬でもノミ予防のお薬使ってますか?
「冬は寒いからノミのお薬なんていらないでしょ」

そう思っているあなた!ノミは冬でもいるんです。
きちんと定期的にお薬つけてないと大変なことになりますよ!!!

 


この記事を書いているわたしは、猫飼育歴30年・動物看護師歴15年。
現在も動物病院に勤務し、日々猫と飼い主さんのお悩みを解決しています。
我が家は現在10匹の猫と人間2人の暮らしです。猫の家で人間が居候させてもらってるような感じ。




目次

ノミの生態

「ノミは冬にいない」のは間違いです

ノミの活動できる温度は13℃
外でも野良猫の体表でぬくぬく活動しているノミもいるのです。

一旦室内に入ってしまえばノミにとっては好都合。
暖房が効きぬくぬくしている環境では冬でもノミは大繁殖します。

眼で見えるノミは氷山の一角

ひとことでノミといっても
成虫・幼虫・さなぎ・卵があります。

眼で見つける多くはノミの成虫
成虫はノミ全体では5%のすぎないので、
実は環境中には卵や幼虫がたくさんいるのです。

ノミの隠れ家

ノミの成虫は主に動物の体の上で血を吸っています。

しかし、そのほかの卵やさなぎの隠れ家は
カーペットやじゅうたん、フローリングの目地、畳のすきま、家具の下
日頃の掃除では掃除しきれないようなところを好んでひっそりと隠れています。



ノミの駆除

猫や犬に付いたノミ

猫や犬についたノミの駆除は動物病院でノミ駆除薬を処方してもらいましょう。

ノミ用の駆虫薬はネットやホームセンターでも購入可能ですが、
ノミ駆除ではなくノミ忌避剤もあるので注意が必要です。

動物病院で取扱いのある製品は安全性も高く、安心してお使いいただけます。
どうしてもネットで安い製品を探しがちですが、ここは動物のプロに任せるべきです。

ノミ駆除薬の種類

    • 成虫だけに効果があるもの
    • 卵、幼虫の発育を阻害する効果があるもの

最近ではノミ・マダニ・フィラリア対策が同時にできる薬もありますので、
うちの子に合った薬を動物病院で相談しましょう。

ノミ忌避剤

書いてある文字の通り、ノミを避ける薬です。
つまりノミが死なないのでほとんど意味がありません
犬猫にノミが付かなくなっても環境中で大繁殖してしまします。

環境中のノミ

環境中のノミ駆除は非常に厄介です。

何といってもまずはこまめなお掃除が大切。
掃除機でほこりがたまりやすい所をしっかり掃除。

この時、掃除機のダストボックスの中でノミが繁殖しないように
掃除するたびにダストボックスもきれいにしましょう。

ノミ根絶のためにはやっぱりバルサン!
バルサンといえば燻煙式の害虫駆除剤です。
でも猫さんがいるとできない…

ここが難しいところなんです。

猫さんを別部屋に移動して、バルサンする。
バルサン後に猫さんがなめたりしないように拭き掃除する。

こんなに大変な作業をしても
ノミのさなぎにはバルサンは効かないので、
さなぎから成虫になるころに、またバルサン焚いて…

もはやノミが一旦家で繁殖し始めたら
イタチゴッコ
です。

ノミは家に持ち込まない・増やさないが鉄則

本当にあった猫のノミの怖い話

完全室内飼育なのに気づいた時には家中ノミが大繁殖

マンションの3階にお住いのAさんご家族
猫が2匹。完全室内飼育で猫はベランダにすら出ない。

冬のある時、
Aさんご家族の猫の1匹が背中が脱毛していると来院された。

詳しく診察すると脱毛の原因はノミアレルギー性皮膚炎

Aさんは驚きを隠せなかった。

だって、外には一歩も出たことがないし、
3階だから野良猫がベランダに来ることもないのに
なんで?



原因は人間の衣服にノミが付いて家に入ってしまった可能性が濃厚。

ではなぜ衣服にノミが付いたのか…

野良猫にご飯をあげているわけでもない。
外で野良猫と接触した覚えもない。

仕事はバイク通勤

バイク!!!

実は駐輪場に置いているこのバイクがノミの原因でした。

Aさんの住む地域は野良猫が多くいる地域
寒くなる冬には車のボンネット上やバイクの座席で暖をとっているそう。

Aさんのバイクも
仕事から帰宅してまだ温かさが残る座面で
猫がよく香箱座りをしていたそうです。

そのバイクの座面にノミが落ち
そのノミがAさんの衣服に付き自宅に持ち帰ってしまったことが
今回のノミの大繁殖の原因でした。



ノミ対策のまとめ

  • 予防は簡単でも駆除は大変
  • ノミを持ち帰らないようにすること
  • 猫には予防的にノミ駆除薬を定期的に投与すること
  • 室内をこまめに掃除すること

最後までお読みいただきありがとうございました。

繁殖力の強いノミをナメてはいけません。

うちは大丈夫の油断がノミの大繁殖につながります。
冬でも油断大敵です。

share

この記事を書いた人

SHIZUKOのアバター SHIZUKO 動物看護師

認定動物看護師
ペット栄養管理士
CATvocate認定プログラム修了
猫飼育歴30年・動物看護師歴15年。

幼い頃から常に猫がいる暮らし。
将来は獣医さんになりたいと目標としていたが、獣医学部進学を断念。本屋で立読みしていた資格ガイドで「動物看護師」を知る。
動物看護の専門学校を卒業後、兵庫県内の動物病院で勤務。
現在も10匹の猫と暮らしている。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる