愛猫が退屈しないお留守番対策

生活環境

仕事で日中は留守番させているけど、うちの猫は寂しい思いをしてないかな…

そんなお悩みがある方が多いのではないですか?

 

わたしも母も日頃は朝から晩まで仕事で、日中うちの猫たちはいつも留守番です。
仕方がないのはわかっているけど、猫たちには寂しい思いをさせてしまってるとちょっと罪悪感がありました。

でも猫が退屈しない対策をすることで、お留守番でも猫さんが退屈しない秘訣をお伝えします。


この記事を書いているわたしは、猫飼育歴30年・動物看護師歴15年。現在も動物病院で勤務し、日々猫さんと飼い主さんの暮らしのお悩みを解決しています。
動物行動学専門の獣医さんのセミナーを多数受講し、猫を飼ってるあなたにも知ってほしい眼からウロコな情報をお届けします。


この記事をお読みいただくと
●留守中の猫の行動がわかる
●退屈しない猫の留守番対策がわかる



留守番中の猫の行動

あなたの猫さんは1日の中のどの時間帯に活発に活動していますか?

猫は夜行性だとよく言われますが、
正しくは薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)です。

薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)とは

薄明薄暮性とは
薄明 → 薄暗い明け方
薄暮 → 薄暗い夕暮れ
つまり真っ暗ではなく、薄暗い明け方と夕方の時間帯に活発に活動します。

猫さんに早朝に起こされたー!とか、夕方に大運動会!!︎があるのは猫が薄明薄暮性だからです。

 

日中の猫の行動

では昼間は猫は何をしているのでしょうか?

猫の睡眠時間は平均15時間前後と言われています。
薄明薄暮性である猫は日中は寝ていることが大半です。

 

ですが間でトイレにも行きますし、散歩もします。

 

我が家にカメラを設置してはじめて知ったらのですが、
日中定期的に部屋をぐるぐる回って見回りをしている様子でした。

年齢や性格によってことなりますが、
うちの猫の場合は
寝る → トイレ → 見回り → 寝る
という様子でした。

 

特に若くて活発な猫さんの場合は
退屈すると、何か遊べるものを探していたずらしたりすることもあります。

家に帰ったら大惨事なんてことにもなりかねません。

 

食べることが大好きな猫さんは、
食べることでストレス発散をして肥満の原因になることもあります。

退屈しない猫の留守番対策

日中の大半の時間を寝て過ごすのですが、その中にも遊び心を取り入れましょう。
わたしの家で実践しているのは【宝探し】です。

フード探し

ドライフードを小皿に入れて、毎日違う場所にセッティングして出かけます。

すると、帰宅時に小皿を確認すると空っぽになっています。

あー、今日も宝探ししてくれたんだなぁ

オモチャ探し

ご飯よりオモチャが好きな猫さんには、
猫じゃらしを隠して出かけます。

うちの猫はなぜか必ず廊下に猫じゃらしを置いてくれます。

猫さん
猫さん

オモチャ見つけたよー

オモチャに飽きてしまって、なかなか遊んでくれない!
という猫さんのお声もよく聞きます。

 

猫さんが飽きないように、使わないオモチャはその都度片付けましょう

 

できればお気に入りのオモチャを7種類用意して、
日替わりで出してあげると飽きにくくなります。

※留守中に出しておくオモチャは誤飲しない安全なオモチャにしましょう

ぬいぐるみ運び

うちにはぬいぐるみ好きの変わった子がいます。

毎日違う部屋にぬいぐるみをおいて出かけても、
帰宅するとリビングへ運んでくれています。

なんだか得意げな顔で運んできたよと、
言ってるように見えるのはわたしが親バカだからかもしれませんが…

でも、ぬいぐるみ運びを楽しんでいるようです。

まとめ

猫の留守番には宝探しがおすすめ
・フード探し
・オモチャ探し
毎日猫が飽きない工夫をしましょう

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました